引きこもりトレーダーのゆったりFX

FX歴7年目。ただの引きこもりの日記です。とにかく家から出ません。

【2019.7.10(水)】今日のFXニュース~経済指標や材料など~【FX初心者さん向けに解説】★動画あり

f:id:akari_tokyofx:20190723101705p:plainこんにちは!ぽりんです。

2019年7月10日(水曜日)。

「今日の夜のFXトレードに必要な情報」&「初心者さん向けの簡単に解説」の記事です。(※平日毎日18時ごろ更新中)

 

 

 

 

 

▼動画版

youtu.be

 

 

 

 

▼今日のスケジュール

  9:30 (オーストラリア)ウエストパック消費者信頼感指数

  9:55 (日本)仲値 ※今日はゴトー日

10:30 (中国)消費者物価指数、生産者物価指数

14:50 (アメリカ)カンザスシティ連銀総裁の発言★★

15:00 (日本)オプションカット

15:45 (フランス)鉱工業生産指数

17:30 (イギリス)貿易収支、製造業生産高、鉱工業生産指数

20:00 (アメリカ)MBA住宅ローン申請指数

23:00 (アメリカ)オプションカット

23:00 (アメリカ)パウエルFRB議長の議会証言★★

23:00 (カナダ)BOC政策金利★★

23:00 (アメリカ)卸売在庫

23:30 (アメリカ)週間原油在庫統計★★

24:00  ロンドンフィックス

26:00 (アメリカ)10年債入札★★

26:10 (イギリス)テンレイロMPC委員の発言

26:30 (アメリカ)セントルイス連銀総裁の発言★★

27:00 (アメリカ)FOMC議事録公表★★

 

 

解説

★10:30 (中国)消費者物価指数、生産者物価指数

「物価指数」というのは、すごく簡単に言うと、「インフレか?デフレか?」を見極めるような指標になっています。

今回は予想と変わらず、為替に大きな影響はありませんでした。

 

★14:50 (アメリカ)カンザスシティ連銀総裁の発言★★

今回は、特に大きな影響はなかったようです。

 

★17:30 (イギリス)貿易収支、製造業生産高、鉱工業生産指数

(今回は指標が多いので詳しいことは省略します( ;∀;))

ポンドが動くきっかけになりそうです。ポンドで取引を行っている方は警戒したい時間です。

 

★23:00 (アメリカ)パウエルFRB議長の議会証言★★

FRB=アメリカの中央銀行のような役割をする大事な理事会のこと。

「議会証言」は、半年に一度行われる、FRBの今後の方針が分かるような大事なお話しです。

7月のFOMCで利下げされるのかが気にされているので、この「議会証言」もとっても注目されています。

また、21:30ごろに証言内容が公表される」というお話しもありましたので、21:30ごろも警戒したほうがいいと思います。

 

★23:00 (カナダ)BOC政策金利★★

BOC=カナダの中央銀行のこと。

内容次第でカナダドルが大きく動きそうな時間です。

 

★23:30 (アメリカ)週間原油在庫統計★★

毎週のことですが、原油の在庫が大幅に減少していたりするとドルに影響がある可能性がありますので、念のため気を付けたい指標です。

過去にも、この指標で一気にドル買いが強まったこともありました。

 

★26:00 (アメリカ)10年債入札★★

昨日の3年債に引き続き、今日は10年債の入札です。

この10年債の利回りは「長期金利」として注目されています。

よくニュースで、「アメリカの長期金利の低下によりドル円が下落しました」などということを聞きますよね(*‘ω‘ *)

 

★26:30 (アメリカ)セントルイス連銀総裁の発言★★

このセントルイス連銀総裁の発言がきっかけでドルのレートが動いたこともありますので、気を付けたい時間になっています(;´・ω・)

 

★27:00 (アメリカ)FOMC議事録公表★★

 先月行われたFOMC分の議事録が公表されます。

「6月のFOMCではこんなお話しをしたんだよ!」という内容ですね。

 

こちらも内容によっては、次のFOMCでの利下げがどうなるかのヒントになりますので、ものすごく注目されています(*‘ω‘ *)!

値動きが大きくなる可能性もありますので、この時間にも注意してください。

(夜遅いから、みなさん寝てるかな?(*‘∀‘))

 

 

▼主なニュースや発言

・メキシコ ウルスア財務相が辞任

・アメリカと中国の通商交渉は継続中

・イギリス「合意なきEU離脱を阻止するための法案を支持」

・クドローNEC委員長「FRBは雇用指標より物価指標を見るべき」

・フィラデルフィア連銀総裁「金利を変更する必要はない」

・明日もパウエルFRB議長の議会証言(2日目)

 

 

解説

★メキシコ ウルスア財務相が辞任

これにより、昨日はメキシコペソの売りがとても強まって、急落しました。

 

★アメリカと中国の通商交渉は継続中

昨日、通商代表のライトハイザーさんとムニューシン財務長官が、中国側と協議を行ったことが報道されました。

詳しい内容は明かされませんでしたが、「ちゃんとお話し合いしてるんだなぁ」という安心感は広がっていると言われています。(*'ω'*)

 

★イギリス「合意なきEU離脱を阻止するための法案を支持」

昨日の夜中に、イギリスの議会から「合意なきEU離脱を阻止するための法案を支持します」という報道がありました。

これの報道によって、ポンド売りがひと段落したとも言われています。

 

★クドローNEC委員長の発言

NEC=”国家経済会議”のことで、大統領に助言をするくらいすごーっく偉い機関のことです。その委員長であるクドローさんは、もちろん超偉い人です!

 

「FRBは雇用指標より物価指標を見るべき」という発言の他には、「トランプ大統領は他国の通貨が弱くなりすぎていることを懸念している」という発言をしています。

 

★フィラデルフィア連銀総裁「金利を変更する必要はない」

為替には大きく影響はありませんでした。

(フィラデルフィア連銀の総裁は、今年のFOMCでの投票権がないからかもしれません)

 

 

★あした(11日)もパウエルFRB議長の議会証言

 明日も、パウエルさんの大事なお話しが控えています。 

 

 

 

▼株価・商品など

<前日>

・日経平均 21,565.15(+30.80)

・NYダウ 26,783.49(-22.65)

・原油 57.83(+0.17)

・金 1,400.50(+0.50)

・米長期金利(10年)2.07(+0.03)

 

★先週は2%を割ることもあった長期金利ですが、昨日は2.07%まで上昇しています。

★アメリカとイラン問題の心配から、安全資産である金も買われたと言われています。 

 

<現在(16:30頃)>

・日経平均(終値) 21,533.48(-31.67)

・NYダウ(先物) 26,721(-62.49)

・原油(先物) 58.77(+0.94)

・金(先物) 1,392.70(-7.80)

・米長期金利(10年)2.09(+0.02)

 

 ★今日の日中は、日経平均、ダウ先物共に下落しています。

また、アメリカの長期金利は上昇しています。

参考までに・・・ 

 

▼為替

<前日>

・ドル/円 108.85(+0.14)

・ユーロ/ドル 1.1207(-0.0007)

・ポンド/ドル 1.2462(-0.0051)

・豪ドル/ドル 0.6926(-0.0044)

・ユーロ/円 121.99(+0.08)

・ポンド/円 135.62(-0.39)

・豪ドル/円 75.39(-0.39)

※MT5日足チャートより

 

★先週から利下げ観測が高まっており、ポンドドルは昨日も引き続き下落しています。

★また、大きな材料はなかったのですが、オーストラリアドルも下落しています。

 

<現在(16:30頃)>

・ドル/円 108.97(+0.12)

・ユーロ/ドル 1.1215(+0.0008)

・ポンド/ドル 1.2455(-0.0007)

・豪ドル/ドル 0.6918(-0.0008)

・ユーロ/円 122.21(+0.22)

・ポンド/円 135.72(+0.10)

・豪ドル/円 75.39(0.00)

 ※MT5チャートより。

 

★今日の日中は、パウエルさんの議会証言を控えた様子見の通貨ペアが多かったようです。

★フランスの経済指標が予想を大幅に上回り、ユーロが上昇しています。

参考までに(*´▽`*)

 

 

▼ドル円の値動き詳細(前日~今日の東京時間)

前日の振り返り【日足】

f:id:akari_tokyofx:20190710110219p:plain

昨日も引き続き、陽線で終わっています。

↑アメリカ長期金利上昇

↑大幅な利下げ観測が弱まった※

などが理由として挙げられます。

雇用統計の良い結果(非農業部門の雇用者数が予想を大きく上回る)を受けて、「利下げするにしても、大幅には下げないんじゃないの~?」と思う人が増えた!ということ

ただ、節目の109円は超えられなかったようですね。

 

 

東京時間の値動き詳細【15分足】

f:id:akari_tokyofx:20190710164404p:plain

★今日の東京時間は、↑ゴトー日ということもあり、開場から仲値にかけては上昇しています。他には、↑日経平均株価やアメリカ長期金利が上昇していたことなども理由として挙げられます。

★しかし仲値以降は、↓日経平均株価の下落につられ、下落しています。また、↓109円近くは売りオーダーが多く控えていることも、上昇を抑えた理由として考えられます。

★また、15時すぎからは↑アメリカの長期金利の上昇が大きくなったことから買いが強まっていますが、109円は抜け切れていない状態です。 

★今後の時間は、パウエルさんの議会証言やFOMCの議事録公表で値動きが大きくなるかもしれませんので、注意しながらトレードを行ってくださいね(*´▽`*)

 

 

▼ドル円オーダー状況

109.60円 売り

109.50円 売り厚め

109.10-30円 断続的に売り

109.00円 売り厚め・超えるとストップロス買い

     OP11・12日NYカット

★現在 108.9円台を推移(16:30頃) 

108.60円 買い・割り込むとストップロス売り

108.50円 OP11日NYカット

108.30円 買い

108.25円 OP10日NYカット

108.00円 買い、OP10日NYカット

 

FXオーダー - TRADER'S WEB FXより

 

★109円にはストップロス買い、108.6円にはストップロス売りと、上下にストップロスが控えています。

あくまで参考までに。。。(*´ω`)

 

だいたいのオーダーを見たい時は、オアンダさんのサイトも分かりやすいですよ♪

OANDAオーダーブック(オープンオーダー・オープンポジション) | OANDA FX Lab-education(オアンダ ラボ)

 

 

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜

 

※このブログは、私のポジションを公開したり、手法を伝授したりするものではなく、知っておきたいFXの知識をご紹介しているものです。(*´ω`)
トレードは、あくまで自己責任で行ってください(*^_^*)