引きこもりトレーダーのゆったりFX

FX歴7年目。ただの引きこもりの日記です。とにかく家から出ません。

初心者さんが「ナンピン」と「ドテン」を避けた方が良い理由を簡単に解説【FX初心者さん向け】

f:id:akari_tokyofx:20190714144506p:plain



こんにちは!ぽりんです。

今回は、初心者さんがついついやってしまいがちな「ナンピン」と「ドテン」についてのお話しをしようと思います。

上級者の方には有効な手段にもなり得ますが、始めのうちは避けたほうが良いことですので、頭に入れておいてくださいね(*´ω`*)

 

 

▼動画版

youtu.be

※2019年7月14日(日)公開 

 

 

▼「ナンピン」ってなに?

f:id:akari_tokyofx:20190710145525p:plain

「ナンピン」とは、”含み損”が出ている時に、さらに買い増す(売り増す)ことです。

 

 

▼「ナンピン」の成功例

f:id:akari_tokyofx:20190710153534p:plain

①108円で買いポジションを持ったけど、106円まで下落して含み損をかかえてしまった!( ;∀;)

②損切りせず、106円で同じロット数買い増しする!

→①のままだと108円まで戻さないと含み損が消えないけど、②で買い増しした場合、平均の購入価格が107円になるので、107円でプラマイゼロになる!

・・・という方法です。

 

 

▼「ナンピン」の失敗例

f:id:akari_tokyofx:20190710145607p:plain

↑で解説したように、107円まで上昇して上手くいけばいいですが、当然、さらに下落してしまう可能性も大いにあります。

続けて下落した場合は、損失がさらに増えてしまうことになります。

また、損失が倍になると強制的にロスカットになる可能性も高くなってしまうので、軽い気持ちでナンピンを行うのは、とっても危険だと言えます。( ;∀;)

 

 

▼ナンピンはNG?

ナンピンは、相場を理解した上で計画して行うと、有効な手法にもなり得ます。

実際、このナンピンを駆使してトレードを行うベテランさんもいらっしゃいます。

しかし初心者さんのうちは、ナンピンがロスカットに繋がってしまう可能性がとても高い上にタイミングがとっても難しいので、避けておくのが無難だと思います(;´・ω・)

私は7年目ですが、ナンピンは一切行いません。

 

 

▼「ドテン」ってなに?

f:id:akari_tokyofx:20190710145718p:plain

ドテンとは、「ポジションを持ち替えること」です。

決済と同時に、逆のポジションを持ちます。

 

 

▼「ドテン」の成功例

f:id:akari_tokyofx:20190710145750p:plain

たとえば・・・

①108円で売りポジションを持つ。

②読み通り、106円まで下がる。ここからトレンド転換すると見越して、売りポジション決済と同時に、買いポジションを持つ。

③読み通り、107円まで上がれば買いポジションを決済

 

・・・という風に、もしもドテンが上手くいけば、買いでも売りでも利益を得ることができます。

 

 

▼「ドテン」の失敗例

f:id:akari_tokyofx:20190710145812p:plain

①108円で買いポジションを持つ。

②106円まで下がってしまい、損失を出してしまう。「まだ下がるかも」と思い、買いポジションを損切りしたと同時に、売りポジションを持つ。

③トレンド転換してしまい、損失が重なる

・・・といったように、ドテンは、損失が度重なる、いわゆる「往復ビンタ」にもなってしまいがちです。

現時点で、「往復ビンタくらうこと多いな~」と思った方は、損切りした後に一旦時間を置いて落ち着く癖をつけてくださいね。(*´ω`*)

 

 

▼ドテンはNG?

ドテンは、上手くいけばたくさんの利益を得ることが出来ますが、ものすご~っくレベルの高い分析が必要です。

初心者さんのドテンは、「失敗」の可能性の方が圧倒的に高くなってしまいます。( ;∀;)

私も、ドテンは一切行いません。(;´・ω・)

 

 

▼まとめ

 初心者さんだと、「ナンピン」はロスカットに、「ドテン」は往復ビンタになってしまう可能性を高めてしまいます。

はじめのうちは「ナンピン」「ドテン」は避けることをおすすめします。(*´ω`*)