引きこもりトレーダーのゆったりFX

FX歴7年目。ただの引きこもりの日記です。とにかく家から出ません。

【2019.7.22(月)】今日のFXニュース~経済指標や材料など~【FX初心者さん向けに解説】

f:id:akari_tokyofx:20190723094142p:plain
こんにちは!ぽりんです。

今日は2019年7月22日(月曜日)!

今日の夜にトレードする方向けに、経済指標やニュースを解説しています。

(※平日毎日18時ごろ更新中)

 

 

 

 

 

▼動画版

youtu.be

 

▼今日のスケジュール

  9:55 (日本)仲値

15:00 (日本)オプションカット

21:30 (カナダ)卸売売上高

23:00 (アメリカ)オプションカット

  0:00  ロンドンフィックス

  0:00 (日本)日銀 黒田総裁の発言★★★

 

 

解説

  0:00 (日本)日銀 黒田総裁の発言★★★

日銀の黒田総裁の発言では、過去にもレートが大きく動いたことがありますので、警戒しておきましょう(*´ω`*)

 

 

▼ニュースや発言

(先週金曜日)

ニューヨーク連銀総裁の発言(利下げについて)を訂正

セントルイス連銀総裁「7月末のFOMCでの利下げは0.25%と予想」

・トランプ大統領「金利は低下すべき!」

・イラン革命防衛隊「イギリスのタンカーを拿捕した(捕まえた)!」

・ECB 11月までに国債購入を再開する計画(一部メディア)

(週末)

・参院選 与党が過半数を維持

(今後)

明日 イギリス保守党新党首発表

 

 

解説

★ニューヨーク連銀総裁の発言(利下げについて)を訂正

先日、ニューヨーク連銀総裁が「すごーく利下げ賛成だよ!」といったハト派の発言をして、「7月末のFOMCでは大幅に利下げするんじゃないの?!」と取られドルが大きく売られた場面があったのですが、

先週金曜日の朝、「ニューヨーク連銀総裁の発言は、次回(7月末)のFOMCとは関係ないんだよー!」と訂正する報道がありました。

先週金曜日は、この報道がドルの買戻しが強まるきっかけにもなりました。

 

★セントルイス連銀総裁「7月末のFOMCでの利下げは0.25%」と示唆

先週の金曜日、セントルイス連銀総裁は、「7月末のFOMCでの利下げは、0.50%ではなく0.25%を予想する。」といった発言をして、ドル買いが強まる理由の一つになっています。

 

※先週の動画でも解説しましたが、今市場では、「利下げされるかされないか」ではなく「0.50%の大幅利下げか?それとも、0.25%程度の利下げか?」ということが気にされています。

つまり、

・「0.50%の大幅な利下げするかも」と思われる出来事や発言→ドルが売られやすくなる

・「利下げするにしても、0.25%程度だろう」と思われる出来事や発言→ドルが買われやすくなる

ということです。

チャートって、2人のおつぼねさんの派閥の間で揺れ動く新入女子社員のようですね。。。( ;∀;)

現段階では、「0.25%の利下げだろう」という見方が多いようです。

それと、来週FOMCを控えているので、FRBメンバーは「金融政策についての発言を控えよう!」という期間に入ったという報道もありました。

f:id:akari_tokyofx:20190721130248p:plain

 

★トランプ大統領「金利は低下すべき!」

上記2つの発言でドル買いが強まりましたが、トランプ大統領がTwitterで、改めて「利下げしろよな!ヽ(`Д´)ノ」といったツイートをしたことで、強いドル買いは抑制されたと言われています。

 

★イラン革命防衛隊「イギリスのタンカーを拿捕した(捕まえた)」

先週の金曜日は、イランが「イギリスのタンカーを捕まえた」という恐ろしいニュースも。

これを受けてトランプ大統領はとても怒っていてヽ(`Д´)ノ、イギリスとお話し合いする意向を示しています。

 

★ECB 11月までに国債購入を再開する計画(一部メディア)

詳しい情報はまだ分かっていませんが、一部メディアで「ECBは11月までに国債購入を再開する計画っぽいよ!」ということが報道されています。

※ECB=欧州中央銀行

銀行が国債をたくさん買うと、市場に出回るお金の量が増えます。お金の需要は増えていないのにお金の量が増えると、お金の価値は下がりやすくなってしまいます。(;´Д`)

先週金曜日、この報道がユーロ売りにつながったと言われています。

 

★参院選 与党が過半数を維持

昨日は参院選の投開票が行われましたが、週明けに大きな窓が開くこともなく、為替に大きな影響は今のところありませんでした。

多くの人に予想されていた通り与党が勝利したため、どちらかというと、円売りに振れやすくはなっています。

 

★明日 イギリス保守党新党首発表

新党首は、ボリス・ジョンソンさんとジェレミー・ハントさんが候補なのですが、今のところは、「ボリスさんが新党首になるんじゃないか?」という意見が多いようです。

ちなみにボリスさんは、「合意があろうがなかろうが、10月末までにEU離脱するぞ!」という考えです。

f:id:akari_tokyofx:20190722162308p:plain

明日新党首がボリスさんに決定した場合、「合意無きEU離脱のリスクが高まるからポンドが下落する」という見方が多くなっています。

ただ、「党首が決まったこと自体がプラスに取られてポンドは上昇するかも」という見方や、上下に暴れるような動きになる可能性もありますので、ポンドで取引を行っている方は注意してください。

 

 

▼株価・商品など

<前日>

・日経平均 21,466.99(+420.75)

・NYダウ 27,154.2(-68.77)

・原油 55.63(+0.33)

・金 1,426.70(-1.40)

・米長期金利(10年)2.05(+0.03)

  

 

<現在(16:30頃)>

・日経平均(終値) 21,416.79(-50.20)

・NYダウ 27,180(+25.80)※時間外

・原油 56.73(+1.10)※時間外

・金 1,427.70(+1.00)※時間外

・米長期金利(10年)2.04(-0.01)※時間外

 

 

▼主な通貨ペアの値動き(前日~今日の東京時間まで)

※全てMT5の1時間足より

▼ドル/円 

f:id:akari_tokyofx:20190722163313p:plain

★先週金曜日は、

↑ニューヨーク連銀総裁の発言(利下げについて)を訂正

↑セントルイス連銀総裁「7月末のFOMCでの利下げは0.25%と予想」

などによりドルの買戻しが強まりましたが、

↓トランプ大統領「金利は低下すべき!」という利下げ圧力

↓ミシガン大学消費者信頼感指数が予想を下回る

などにより、節目の108円は抜けきれませんでした。

 

★今日は、朝は特に大きな窓が開くようなことはありませんでした。

日中は、開場直後は

↓日経平均株価の下落

により下落した場面もあったのですが、その後は上昇して、仲値前には一時108円台まで戻っています。

↑先週金曜日の報道を受けて ということの他には、

↑休み明けで仲値にかけてのドル買い

が多く観測されたようです。

また、108円には24日のとっても大きいオプションカットが控えているので、上昇しても下落しても、108円前後に戻ろうとする圧力は少なからずあるかもしれません。

108円以降には売りオーダーも多めに控えているようです。

16:30現在は、107.88円あたりを推移しています。

 

▼ユーロ/ドル 

f:id:akari_tokyofx:20190722163328p:plain

★先週金曜日は、

↓ECB 11月までに国債購入を再開する計画(一部メディア)

などによりユーロ売りが強まった他、

↓ニューヨーク連銀総裁の発言(利下げについて)を訂正

↓セントルイス連銀総裁「7月末のFOMCでの利下げは0.25%と予想」

によりドル買いが強まったこともあり、下落しています。

 

★今日の日中は材料がなく、小さな動きでした。

16:30現在は、1.12175ドルあたりを推移しています。

 

 

▼ポンド/ドル 

f:id:akari_tokyofx:20190722163339p:plain

★先週は水曜日、木曜日と上昇していたポンドドルでしたが、金曜日は下落しています。

↓ニューヨーク連銀総裁の発言(利下げについて)を訂正

↓セントルイス連銀総裁「7月末のFOMCでの利下げは0.25%と予想」

によりドル買いが強まったことが理由として挙げられます。

また、保守党の新党首発表も控えていることもあり、

↓合意ないEU離脱への不安

↓イラン問題への不安

も広がっています。

 

★今日の日中は材料がなく、小さな動きでしたが、ロンドン時間に入る16:00ごろから大きく下落しています。

16:30現在は、1.24799ドルあたりを推移しています。

【補足】
★イギリス ダンカン外務担当閣外相が辞任
(「合意無き離脱も辞さない」というボリスさんに抗議するため)
→これによりポンド売りが強まっている

 

 

▼豪ドル/ドル 

f:id:akari_tokyofx:20190722163350p:plain

★豪ドルドルも先週金曜日は、

↓ニューヨーク連銀総裁の発言(利下げについて)を訂正

↓セントルイス連銀総裁「7月末のFOMCでの利下げは0.25%と予想」

によりドル買いが強まったことにより、下落しています。

 

★今日の日中も、先週金曜日の流れを引き継ぎ小さく下落しています。

 16:30現在は、1.24799ドルあたりを推移しています。

 

▼クロス円 

f:id:akari_tokyofx:20190722170635p:plain

クロス円は、ドル円とドルストレートペアの二つの要素が合わさるので、初心者さんにはちょっぴり難しいですよね( ;∀;)

今日の日中のクロス円は、午前中はドル円につれて上昇する場面もありましたが、ロンドン市場開場からは下落しています。

 

 

 

▼翌日(7月23日火曜日)のスケジュール

※注※明日朝の時点で、変更や追加がある可能性もあります(´Д⊂ヽ

 

  7:30 (オーストラリア)ケントRBA総裁補佐の発言

  9:55 (日本)仲値

14:00 (日本)チェーンストア販売額

15:00 (日本)オプションカット

16:00 (トルコ)消費者信頼感指数

22:00 (アメリカ)住宅価格指数

23:00 (アメリカ)オプションカット

23:00 (アメリカ)中古住宅販売件数★★

23:00 (アメリカ)リッチモンド連銀製造業指数

23:00 (欧州)消費者信頼感指数

  0:00  ロンドンフィックス

  2:00 (アメリカ)2年債入札★★

 

解説

 23:00 (アメリカ)中古住宅販売件数★★

アメリカは日本と違って、新築の物件よりも、中古物件の販売の方が規模が大きいんです!そのため、新築住宅の指標よりも、中古住宅の指標の方が意外と注目されています。

 

  2:00 (アメリカ)2年債入札★★

国債の入札も、レートに影響することがありますので警戒しておきましょう♪

国債については、↓長期金利の記事で少し解説しています。

www.porinfx.work

 

 

 

▼参考URL

(↓オーダー状況の確認はこちら。)

▼トレーダーズ・ウェブ さま(モーニングオーダー)
※有料会員登録すれば、リアルタイムオーダーも見れます。
https://www.traderswebfx.jp/marketorder/default.aspx

▼オアンダ さま
https://www.oanda.jp/lab-education/oanda_lab/oanda_rab/open_position/

 

(↓こちらのサイトから情報収集させていただいています。)

▼ロイター通信 さま
https://jp.reuters.com/

▼日本経済新聞(電子版) さま
https://www.nikkei.com/

▼東洋経済オンライン さま
https://toyokeizai.net/

▼NHKオンライン さま
https://www.nhk.or.jp/

▼トレーダーズ・ウェブFX さま
https://www.traderswebfx.jp/

▼みんかぶFX さま
https://fx.minkabu.jp/

▼羊飼いのFXブログ さま
https://kissfx.com/

▼ヒロセ通商 さま
https://hirose-fx.co.jp/

▼Tradingview さま
https://jp.tradingview.com/

▼世界の株価 さま
http://sekai-kabuka.com/

 

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜

 

※このブログは、私のポジションを公開したり、手法を伝授したりするものではなく、知っておきたいFXの知識をご紹介しているものです。(*´ω`)
トレードは、あくまで自己責任で行ってください(*^_^*) 

 

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜