引きこもりトレーダーのゆったりFX

FX歴7年目。ただの引きこもりの日記です。とにかく家から出ません。

【2019.7.29(月)】今日のFXニュース~経済指標や材料など~【FX初心者さん向けに解説】

f:id:akari_tokyofx:20190729173227p:plain

こんにちは!ぽりんです。

今日は2019年7月29日(月曜日)!

今日の夜にトレードする方向けに、経済指標やニュースを解説しています。

(※平日毎日18時ごろ更新中)

 

 

 

 

 

▼動画版

youtu.be

 

 

▼今日のスケジュール

  8:50 (日本)小売業販売額、百貨店・スーパー販売額

  9:55 (日本)仲値

15:00 (日本)オプションカット

23:00 (アメリカ)オプションカット

23:00 (アメリカ)ダラス連銀製造業活動指数

  0:00  ロンドンフィックス

 

解説

今日は、特に大事なスケジュールは予定されていません。

 

 

▼ニュースや発言

ボリスジョンソンさんがイギリス新首相に(先週のおさらい)

ECB政策金利発表(先週のおさらい)

トランプ大統領ドル切り下げ案を却下

ドローNEC委員長の発言

今後のだいたいの予定

 

解説

ボリスジョンソンさんがイギリス新首相に(先週のおさらい)

先週は、ボリスジョンソンさんがイギリス新首相に選ばれたことが大きな話題になりましたね。

ボリスさんは就任後、閣僚の大半を入れ替えています。

また、欧州委員長がボリスさんに、EU離脱について「再交渉は行わない!」と電話で伝えたことによって、合意無いEU離脱への不安が高まり、ポンド売りが強まった場面がありました。

 

ECB政策金利発表(先週のおさらい)

ECB=欧州中央銀行
先週のECB政策金利発表では、金利が据え置かれることが発表されました。
また、「必要なら長期に渡って、今の金利か、それ以下の金利を維持するよ!」などとも発表されています。これによって、「ええー!じゃあ次回は絶対利下げするやん・・・('Д')」と今後の利下げ観測が高まり、ユーロ売りが強まった場面もありました。
ただ、その後、ドラギECB総裁が、
「今回は利下げについてのお話しはしなかったよ!」
「利下げするなら、影響を和らげる策も同時に出すよ!」
などという発言をしています。
これによって、「利下げを急いではないみたいだなぁ」と過度な利下げ観測は弱まり、ユーロの買戻しが強まった場面もありました。

 

トランプ大統領ドル切り下げ案を却下

7月始めに、トランプ大統領が、「中国と欧州は為替操作ゲームをしている!通貨安誘導してずるい!アメリカもやるぞ!」などということを発言したことが話題になりましたね。これにより、ドルが売られてしまった場面もありました。

そして先週金曜日、ドルを引き下げるアイディアが通商担当のナバロさんから上がっていたのですが、それをトランプ大統領が却下したという報道がありました。

これによって、ドルが買われた場面があったようです。

 

クドローNEC委員長の発言

NEC=”国家経済会議”のことで、大統領に助言をするくらいすごーっく偉い機関のことです。

先週金曜日のインタビューでは、クドロー委員長が「トランプ政権は為替介入によるドル安誘導は行わない」と発言しています。

これにより、ドル買いが強まった場面もありました。

 

今後のだいたいの予定

・7/30(火) 日銀政策金利発表

(「金利は据え置きするだろう」という予想がほとんどですが、追加緩和を示唆するかどうかに注目が集まっています。)

・7/31(水) FOMC

(0.5%の大幅利下げなのか、0.25%の利下げなのかに注目が集まっています。)

・8/1  (木) BOE政策金利

(「金利は据え置きするだろう」という予想がほとんどですが、追加緩和を示唆するかどうかに注目が集まっています。)

・8/2  (金) アメリカ雇用統計

(今後の金融政策を予想する材料になるため注目されています。)

 

 

▼株価・商品など

<前日>

・日経平均 21,658.15(-98.40)

・NYダウ 27,192.45(+51.47)

・原油 56.20(+0.18)

・金 1,419.30(+4.60)

・米長期金利(10年)2.07(-0.01)

 

<現在(16:00頃)>

・日経平均(終値) 21,616.80(-41.35)

・NYダウ 27,118(-74.45)※時間外

・原油 56.00(-0.20)※時間外

・金 1,419.10(-0.20)※時間外

・米長期金利(10年)2.06(-0.01)※時間外

 

 

▼主な通貨ペアの値動き(前日~今日の東京時間まで)

※全てMT5の1時間足より

▼ドル/円 

f:id:akari_tokyofx:20190729163107p:plain

★先週金曜日は、

東京時間は↓日経平均株価の下落により下落しましたが、夜間は

↑アメリカGDP(前回と比べると減速したけど、予想は上回った)

↑トランプ大統領ドル切り下げ案を却下

↑クドローNEC委員長の発言

などにより上昇しています。

 

★今日の日中は、開場直後は

↓日経平均が大きく下落

↓アメリカ長期金利も下落

などで下落したものの、その後は上昇しています。

↑国内投資機関の押し目買い見られたようです。

また、午後からは

↑日経平均やアメリカ長期金利も上昇しています。

16:00現在は、108.62円あたりを推移しています。

 上は109円、下は108.3円あたりにストップロスが多めに控えているようですので、ストップ狩りのような動きにも気を付けたいですね(´Д⊂ヽ

 

▼ユーロ/ドル 

f:id:akari_tokyofx:20190729163118p:plain

★先週は、木曜日にECBの政策金利発表がありましたね。

木曜日は

↑ドラギECB総裁の発言→過度な利下げ観測弱まる(ユーロ買い) 

により上昇した場面もありましたが、

↓ECBの発表(今回金利は据え置きだけど、「必要なら長期に渡って、現行の金利またはそれ以下の水準を維持する」)

により、次回の利下げ観測が強く、ユーロ売りが優勢だったようです。

また、↓アメリカのGDPや報道によるドル買いも理由として考えられます。

 

★今日の日中は、やや下落しています。

日中は円中心での取引ですので、対円でのドルの動きにつられるような動きでした。

16:00現在は、1.1122ドルあたりを推移しています。

 

▼ポンド/ドル

f:id:akari_tokyofx:20190729163407p:plain

★先週は、イギリスの新首相がボリスジョンソンさんに決まったり、閣僚の入れ替えがあったりと、忙しい一週間でしたね。

首相が決定してすぐは上昇したものの、先週金曜日は

↓欧州委員長がボリスさんに「再交渉は行わない」

などにより合意無いEU離脱の不安が高まり、下落しています。

また、↓アメリカのGDPや報道によるドル買いも理由として考えられます。

 

★今日の日中は、小さな動きでしたがやや下落しています。

16:00現在は、1.2356ドルあたりを推移しています。 

 

▼豪ドル/ドル 

f:id:akari_tokyofx:20190729163701p:plain

★先週は、オーストラリアの大手銀行(ウエストパック銀行)がRBAの早期利下げ予想を掲げたことにより、↓RBAの早期の利下げ観測が高まって下落を続けており、先週金曜日も下落しています。

また、↓アメリカのGDPや報道によるドル買いも理由として考えられます。

 

★今日の日中は、小さな動きでした。

16:00現在は、0.6908ドルあたりを推移しています。 

 

▼クロス円 

f:id:akari_tokyofx:20190729164311p:plain

クロス円は、ドル円とドルストレートペアの二つの要素が合わさったものです。

★ユーロ円は、先週金曜日は下落、日中は始値とあまり変わらず、という動きになっています。

★ポンド円は、先週金曜日は下落日中はやや下落という動きになっています。

★豪ドル円は、先週金曜日は下落日中はやや上昇という動きになっています。

 

▼翌日(7月30日火曜日)のスケジュール

※注※明日朝の時点で、変更や追加がある可能性もあります。ご了承ください(´Д⊂ヽ

 

  7:45 (ニュージーランド)住宅建設許可

  8:30 (日本)雇用統計

  8:50 (日本)鉱工業生産

  9:55 (日本)仲値

10:30 (オーストラリア)住宅建設許可

12:00 (日本)日銀政策金利発表★★★

14:30 (フランス)GDP第2四半期

15:00 (日本)オプションカット

15:00 (ドイツ)GFK消費者信頼感調査

15:30 (日本)日銀黒田総裁の発言

16:00 (スイス)KOF先行指数

16:00 (トルコ)経済信頼感

18:00 (欧州)消費者信頼感指数

21:00 (ドイツ)消費者物価指数

21:30 (アメリカ)個人所得・支出、PCEデフレータ

22:00 (アメリカ)S&Pケースシラー住宅価格

23:00 (アメリカ)オプションカット

23:00 (アメリカ)中古住宅販売成約指数

23:00 (アメリカ)コンファレンスボード消費者信頼感指数

  0:00  ロンドンフィックス

 

解説

12:00 (日本)日銀政策金利発表★★★

今日の目玉と言っていいのが、日銀の政策金利発表です。

「金利は据え置きするだろう」という予想がほとんどですが、追加緩和を示唆するかどうかに注目が集まっています。

時間は前後するかもしれません。

 

14:30 (フランス)GDP第2四半期

GDP=”国内総生産。

フランスのGDPが伸びていると、「フランスは成長してる!景気が良くなってる!」と判断されて、ユーロが買われやすくなります。

 

15:30 (日本)日銀黒田総裁の発言

日銀の政策金利発表後の記者会見なので、ものすごく注目されています。

黒田総裁の発言では、東京時間と思えないほどドーン!と大きく動くこともたまにありますので、この時間は警戒してください。

 

21:00 (ドイツ)消費者物価指数

消費者物価指数=商品やサービスなど、消費者が購入するものを対象に、物価の動きを指数にしたものです。

「インフレかな?デフレかな?」とか、「景気良いのかな?悪いのかな?」という判断材料にもなるので注目されています。

結果次第でユーロが動きそうです。

 

21:30 (アメリカ)個人所得・支出、PCEデフレータ

これは毎月、合わせて発表されるものです。
「個人所得」=社会保険料などを引いた個人の手取りを集計
「個人支出」=名前の通り、個人が消費した分を集計したものです。
「PCE(=”個人消費支出”)」=↑こういった個人消費のデータから計算されたもので、物価の判断基準になります。

アメリカの経済は、個人の消費の割合が他の国より大きいと言われているので、とっても注目されています。

 

23:00 (アメリカ)中古住宅販売成約指数

この前は、住宅系の指標でとっても重要だと解説した「中古住宅販売件数」という指標がありましたよね。
この前の「中古住宅販売件数」は、「おうちの引き渡しまで完了したよ!」という件数でした。
今回の「中古住宅販売成約指数」は、「契約はしてるけど、おうちの引き渡しはまだだよ!」という分を集計したものになります。これは先行指標になるので、注目されています(*´▽`*)

 

23:00 (アメリカ)コンファレンスボード消費者信頼感指数

 5000世帯に、景気や家計についてアンケートを行って指数にしたものです。
この前あった「ミシガン大学消費者信頼感指数」よりも規模が大きいものになっており、注目されています。

 

▼参考URL

(↓オーダー状況の確認はこちら。)

▼トレーダーズ・ウェブ さま(モーニングオーダー)
※有料会員登録すれば、リアルタイムオーダーも見れます。
https://www.traderswebfx.jp/marketorder/default.aspx

▼オアンダ さま
https://www.oanda.jp/lab-education/oanda_lab/oanda_rab/open_position/

 

(↓こちらのサイトから情報収集させていただいています。)

▼ロイター通信 さま
https://jp.reuters.com/

▼日本経済新聞(電子版) さま
https://www.nikkei.com/

▼東洋経済オンライン さま
https://toyokeizai.net/

▼NHKオンライン さま
https://www.nhk.or.jp/

▼トレーダーズ・ウェブFX さま
https://www.traderswebfx.jp/

▼みんかぶFX さま
https://fx.minkabu.jp/

▼羊飼いのFXブログ さま
https://kissfx.com/

▼ヒロセ通商 さま
https://hirose-fx.co.jp/

▼Tradingview さま
https://jp.tradingview.com/

▼世界の株価 さま
http://sekai-kabuka.com/

 

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜

 

※このブログは、私のポジションを公開したり、手法を伝授したりするものではなく、知っておきたいFXの知識をご紹介しているものです。(*´ω`)
トレードは、あくまで自己責任で行ってください(*^_^*) 

 

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜