引きこもりトレーダーのゆったりFX

FX歴7年目。ただの引きこもりの日記です。とにかく家から出ません。

【2019.7.31(水)】今日のFXニュース~経済指標や材料など~【FX初心者さん向けに解説】

f:id:akari_tokyofx:20190731171505p:plain

こんにちは!ぽりんです。

今日は2019年7月31日(水曜日)!

今日の夜にトレードする方向けに、経済指標やニュースを解説しています。

(※平日毎日18時ごろ更新中)

 

 

 

 

 

▼動画版

youtu.be

 

 

▼今日のスケジュール

  9:55 (日本)仲値

10:00 (中国)製造業PMI

10:30 (オーストラリア)消費者物価指数 第2四半期

15:00 (日本)オプションカット

15:00 (ドイツ)小売売上高

15:00 (イギリス)ネーションワイド住宅価格指数

15:45 (フランス)消費者物価指数

16:00 (トルコ)貿易収支

16:55 (ドイツ)雇用統計

18:00 (欧州)GDP、雇用統計、消費者物価指数

20:00 (アメリカ)MBA住宅ローン申請指数

21:15 (アメリカ)ADP雇用者数

21:30 (アメリカ)雇用コスト指数 第2四半期

21:30 (カナダ)GDP、鉱工業製品価格

22:45 (アメリカ)シカゴ購買部協会景気指数

23:00 (アメリカ)オプションカット

23:30 (アメリカ)週間原油在庫統計

  0:00  ロンドンフィックス

  3:00 (アメリカ)FOMC政策金利

  3:30 (アメリカ)パウエルFRB議長の発言★★★

 

解説

10:00 (中国)製造業PMI

PMI=簡単に言うと、いろんな企業の購買担当の方に「最近景気どーお?」というアンケートをとって、「良いのか・悪いのか・変わらないのか」で答えてもらったものです。
これからの景気の先行指標として注目されています。
今回は、予想をやや上回っています。

 

10:30 (オーストラリア)消費者物価指数 第2四半期

消費者物価指数=商品やサービスなど、消費者が購入するものを対象に、物価の動きを指数にしたものです。

「インフレかな?デフレかな?」とか、「景気良いのかな?悪いのかな?」という判断材料にもなるので注目されています。

今回は、予想を上回っており、豪ドル買いにつながっています。

 

18:00 (欧州)GDP、雇用統計、消費者物価指数

今日は、ユーロ圏のGDP(国内総生産)、雇用統計、消費者物価指数も控えています。

予想を上回ったり下回ったりするとユーロが大きく動く可能性もありますので、警戒してください。

 

21:15 (アメリカ)ADP雇用者数

「ADP雇用者数」とは、アメリカの大手企業が発表する、雇用調査のことです。
調査対象数も多いため、金曜日に控えている雇用統計の先行指標として注目されています。

 

21:30 (アメリカ)雇用コスト指数 第2四半期

雇用コスト指数=企業が負担する、雇用に関わるコスト(お給料や福利厚生費)を指数にしたものです。

指数が高ければ、「経営の調子が良くてお給料が上がってる!」ととられ、ドルは買われやすくなります。

指数が低ければ、「経営の調子が悪くてお給料が下がってる!」ととられ、ドルは売られやすくなります。

 

21:30 (カナダ)GDP

今日はカナダのGDPも。カナダドルが動きそうです。

 

22:45 (アメリカ)シカゴ購買部協会景気指数

すごーく簡単に言うと、シカゴの企業の購買担当の方に、「最近景気どーお?(*´▽`*)」というアンケートを集計したものです。

シカゴは車関係の生産拠点が多かったり、アメリカの中でも経済活動が大きいほうなので注目されています。

 

23:30 (アメリカ)週間原油在庫統計

毎週水曜日に発表されるものです。この発表で、原油の在庫が予想以上に減少していたりすると、原油の買いが強まる傾向があります。また、原油の価格が上昇するとドルが買われる傾向があります。

 

  3:00 (アメリカ)FOMC政策金利

FOMCが何なのか?簡単に解説しておきます。

FOMC=アメリカの金融政策を決める会議のことです。このFOMCで、今後、政策金利を上げるか下げるか据え置きなのかや、今の景況の判断などが行われます。
そのため、すっごーくたくさんの人に大注目されています。

為替相場も大きく動いちゃうので、「はじめてのFOMCだよ!」などという初心者の方はトレードを見送って、どんな動きをするのかチャート眺めるだけでもいいんじゃないかなあと思います。

ちなみに、私もFOMCなどの大事な発表がある時は、トレードしません。

 

  3:30 (アメリカ)パウエルFRB議長の発言★★★

 FOMC後の記者会見で、今後の利下げについても探りたい状況だと思いますので、もちろん大注目されています。

★また、パウエルさんが議長を務めるFRBとは何かを簡単に説明すると、
アメリカには、ニューヨーク、サンフランシスコ、ボストン・・・などの主要都市に、それぞれ「連邦準備銀行」というものがあります。
FRBは、その全米の連邦準備銀行をぜ~~んぶ統括する理事会で、アメリカの中央銀行のようなものです。
日本でいうと、日銀のようなものですが、ドルを取り扱うので、もっともっと規模が大きいです!
ものすごく簡単に言うと、FRB=スーパー中央銀行!って感じです。

 

▼ニュースや発言

日銀「現行の金融政策維持」

トランプ大統領の発言

明日~あさっては日米閣僚級通商協議

今後のだいたいの予定

 

解説 

日銀「現行の金融政策維持」

昨日、日銀の政策金利は据え置くことと、「少なくとも2020年春ごろまで、現在の極めて低い水準を維持」することが発表されました。

これによって、ドル円が下落した場面もありました。

また黒田総裁は、「必要があれば追加緩和を講じる姿勢だけど、すぐではない」などということを発言されています。

 

トランプ大統領の発言

トランプ大統領は、中国との交渉について、

「中国はいつも最終的に自分たちの利益のために取引を変更する」

「中国は約束を守らない」

「私が選挙に勝てば、中国は今交渉しているものよりさらに厳しいものになるだろう」

「私の任期満了まで時間を稼ぐな」

などとけん制するようなツイートをしています。

これによって、リスク回避のためにドル売り・円買いが強まった場面がありました。

今日まで上海で米中通商協議が行われるため、結果に注目です。

 

明日~あさっては日米閣僚級通商協議

9月を目標とする合意に向けて、お話し合いが前進することが期待されています。

あさって(8/2)に終了した後は、茂木さん(経済再生担当大臣)が記者会見を行う予定になっています。

 

今後のだいたいの予定

・8/1  (木) BOE政策金利

・8/2  (金) アメリカ雇用統計

(今後の金融政策を予想する材料になるため注目されています。)

 

 

▼株価・商品など

<前日>

・日経平均 21,709.31(+92.51)

・NYダウ 27,198.02(-23.33)

・原油 58.05(+1.18)

・金 1,429.70(+9.30)

・米長期金利(10年)2.05(-0.01)

 

<現在(16:00頃)>

・日経平均(終値) 21,521.53(-187.78)

・NYダウ 27,221(+22.98)※時間外

・原油 58.40(+0.35)※時間外

・金 1,431.90(+2.20)※時間外

・米長期金利(10年)2.05(0.00)※時間外

 

 

▼主な通貨ペアの値動き(前日~今日の東京時間まで)

※全てMT5の1時間足より

▼ドル/円 

f:id:akari_tokyofx:20190731160822p:plain

★昨日は、

↓日銀政策金利発表

↓月末輸出企業の売り

↓トランプ大統領の発言

↓アメリカ指標(PCEが予想を下回る)

などによって下落したものの、その後、

↑アメリカ指標(中古住宅成約指数・消費者信頼感指数などが予想を上回った)

ことなどにより前日の安値は抜けきれず、明日のFOMCを控えてレンジ状態で終わっています。

 

★今日の日中は、

↓日経平均大幅下落

により円買いが強まった場面がありましたが、

↑月末仲値に向けた買い

→FOMCを控えた様子見

→米中通商協議の結果待ち

などで、昨日の安値は抜けきれず、大きな動きにはなりませんでした。

16:00現在は、108.51円あたりを推移しています。

なお、上は109円、下は108.40円にストップロスが多めに控えているようです。

 

▼ユーロ/ドル 

f:id:akari_tokyofx:20190731161323p:plain

★昨日は、

 ↑ドイツ指標(消費者物価指数)が良かった

↑アメリカ指標(PCE)が悪かった

などで上昇しています。

また、↑トランプ大統領の発言

(中国とオーストラリアは貿易がとても活発なので、米中通商協議の不安が高まったことがマイナスにとられ、豪ドルなどに対するユーロが強くなっている)

によってユーロ買いが見られたとも言われています。

ECBの今後の利下げ観測によるユーロ売りは、一旦落ち着いたようですね。

★今日の日中は、小さな動きでした。

16:00現在は、1.1156ドルあたりを推移しています。

 

▼ポンド/ドル

f:id:akari_tokyofx:20190731161432p:plain

↓ボリス・ジョンソンさんが新首相に就任
↓閣僚入れ替え(離脱強硬派多め※)
↓欧州委員長や外相の発言「合意無いEU離脱への準備」
※離脱強硬派=「合意無いEU離脱になっても仕方ない」という考え方の人
などにより合意無いEU離脱への不安が高まり、ポンドの下落が続いていましたが、

昨日も引き続き下落しています。

ただ、→FOMCやBOE政策金利発表などを控えていることもあり、やや勢いが弱まりました。

 

★今日の日中は、小さな動きでした。

16:00現在は、1.2161ドルあたりを推移しています。 

 

▼豪ドル/ドル 

f:id:akari_tokyofx:20190731161545p:plain

★昨日は、

↓トランプ大統領の発言

により米中通商協議への不安が高まりました。

中国とオーストラリアは貿易関係がとても活発なので、豪ドルの売りにもつながってしまいました。

また、↓RBA早期利下げ観測も引き続き豪ドル売りの原因になったようです。

 

★今日の日中は、

↑中国の指標(製造業PMI)が予想をやや上回る

↑オーストラリア指標(消費者物価指数)が予想を上回る

などにより、上昇しています。

16:00現在は、0.6891ドルあたりを推移しています。 

 

 

 

▼翌日(8月1日木曜日)のスケジュール

※注※明日朝の時点で、変更や追加がある可能性もあります。ご了承ください(´Д⊂ヽ

 

  9:55 (日本)仲値

10:30 (オーストラリア)輸入物価指数 第2四半期

10:45 (中国)財新製造業PMI

15:00 (日本)オプションカット

16:00 (トルコ)製造業PMI

16:50 (フランス)製造業PMI

16:55 (ドイツ)製造業PMI

17:00 (欧州)製造業PMI

17:30 (イギリス)製造業PMI

20:00 (イギリス)BOE政策金利

20:30 (イギリス)カーニーBOE総裁の発言

21:30 (アメリカ)新規失業保険申請件数

23:00 (アメリカ)オプションカット

23:00 (アメリカ)ISM製造業景気指数

23:30 (アメリカ)週間天然ガス貯蔵量

  0:00  ロンドンフィックス

 

解説

10:45 (中国)財新製造業PMI

17:30 (イギリス)製造業PMI

今日は、各国の製造業PMIがたくさん控えています。
PMIというのは、簡単に言うと、いろんな企業の購買担当の方に「最近景気どーお?」というアンケートをとったものです。
よく聞く”GDP(国内総生産)”より早く発表されるので、先行指標のような感じで注目されています。

 

※財新=中国のメディア

 

20:00 (イギリス)BOE政策金利

目玉と言っていいのが、BOE政策金利発表です♪

BOE=イギリス中央銀行。

ポンドが大きく動く可能性がありますので、警戒してください。

 

20:30 (イギリス)カーニーBOE総裁の発言

BOE政策金利発表後の記者会見ですので、もちろんとても注目が集まっています。

ボンドが大きく動きそうなので、警戒しておいてください。

 

21:30 (アメリカ)新規失業保険申請件数

こちらは、毎週木曜日に発表されるものです。
毎週同じことを言ってますが・・・

件数がとても多かったら、「めっちゃ失業者増えてるね!景気悪いのかな~?」と心配されて、ドル売りが進んでしまうことがあります。

 

23:00 (アメリカ)ISM製造業景気指数

アメリカの「供給管理協会」というところが発表する指標です。

製造業の仕入れ担当の方にアンケートをとって指数にしたものです。こちらは、先月分が翌月第1営業日に発表されてとても早いので、景気の先行指標として注目されています。

 

▼参考URL

(↓オーダー状況の確認はこちら。)

▼トレーダーズ・ウェブ さま(モーニングオーダー)
※有料会員登録すれば、リアルタイムオーダーも見れます。
https://www.traderswebfx.jp/marketorder/default.aspx

▼オアンダ さま
https://www.oanda.jp/lab-education/oanda_lab/oanda_rab/open_position/

 

(↓こちらのサイトから情報収集させていただいています。)

▼ロイター通信 さま
https://jp.reuters.com/

▼日本経済新聞(電子版) さま
https://www.nikkei.com/

▼東洋経済オンライン さま
https://toyokeizai.net/

▼NHKオンライン さま
https://www.nhk.or.jp/

▼トレーダーズ・ウェブFX さま
https://www.traderswebfx.jp/

▼みんかぶFX さま
https://fx.minkabu.jp/

▼羊飼いのFXブログ さま
https://kissfx.com/

▼ヒロセ通商 さま
https://hirose-fx.co.jp/

▼Tradingview さま
https://jp.tradingview.com/

▼世界の株価 さま
http://sekai-kabuka.com/

 

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜

 

※このブログは、私のポジションを公開したり、手法を伝授したりするものではなく、知っておきたいFXの知識をご紹介しているものです。(*´ω`)
トレードは、あくまで自己責任で行ってください(*^_^*) 

 

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜