引きこもりトレーダーのゆったりFX

FX歴7年目。ただの引きこもりの日記です。とにかく家から出ません。

【2019.8.1(木)】今日のFXニュース~経済指標や材料など~【FX初心者さん向けに解説】

f:id:akari_tokyofx:20190801153931p:plain

こんにちは!ぽりんです。

今日は2019年8月1日(木曜日)!

今日の夜にトレードする方向けに、経済指標やニュースを解説しています。

(※平日毎日18時ごろ更新中)

 

 

 

 

 

▼動画版

youtu.be

 

 

▼今日のスケジュール

  9:55 (日本)仲値

10:30 (オーストラリア)輸入物価指数 第2四半期

10:45 (中国)財新製造業PMI

15:00 (日本)オプションカット

16:00 (トルコ)製造業PMI

16:50 (フランス)製造業PMI

16:55 (ドイツ)製造業PMI

17:00 (欧州)製造業PMI

17:30 (イギリス)製造業PMI

20:00 (イギリス)BOE政策金利

20:30 (イギリス)カーニーBOE総裁の発言

21:30 (アメリカ)新規失業保険申請件数

23:00 (アメリカ)オプションカット

23:00 (アメリカ)ISM製造業景気指数

23:30 (アメリカ)週間天然ガス貯蔵量

  0:00  ロンドンフィックス

 

解説

10:45 (中国)財新製造業PMI

17:30 (イギリス)製造業PMI

今日は、各国の製造業PMIがたくさん控えています。
PMIというのは、簡単に言うと、いろんな企業の購買担当の方に「最近景気どーお?」というアンケートをとったものです。
よく聞く”GDP(国内総生産)”より早く発表されるので、先行指標のような感じで注目されています。

 

※財新=中国のメディア

 

20:00 (イギリス)BOE政策金利

目玉と言っていいのが、BOE政策金利発表です♪

BOE=イギリス中央銀行。

今回は政策金利は据え置かれることが予想されています。ポンドが大きく動く可能性がありますので、警戒してください。

 

20:30 (イギリス)カーニーBOE総裁の発言

BOE政策金利発表後の記者会見ですので、もちろんとても注目が集まっています。

ボンドが大きく動きそうなので、警戒しておいてください。

 

21:30 (アメリカ)新規失業保険申請件数

こちらは、毎週木曜日に発表されるものです。
毎週同じことを言ってますが・・・

件数がとても多かったら、「めっちゃ失業者増えてるね!景気悪いのかな~?」と心配されて、ドル売りが進んでしまうことがあります。

 

23:00 (アメリカ)ISM製造業景気指数

アメリカの「供給管理協会」というところが発表する指標です。

製造業の仕入れ担当の方にアンケートをとって指数にしたものです。こちらは、先月分が翌月第1営業日に発表されてとても早いので、景気の先行指標として注目されています。

 

▼ニュースや発言

FOMC結果

パウエルFRB議長の発言

トランプ大統領のツイート

米中閣僚級通商協議について

今日~明日は日米閣僚級通商協議

明日はアメリカ雇用統計

 

概要 

FOMC結果

昨日のFOMCでは、市場の予想通り、0.25%の利下げを発表しています。

11年ぶりの利下げです。

 

パウエルFRB議長の発言

昨日、パウエルさんの記者会見では、「長期的な利下げサイクルの始まりではないんだよ!」ということを発言しています。

これにより、「パウエルさんが言うなら、利下げの長期化はしなさそうだなぁ」とドル買いが強まっています。

 

また、今回の利下げについても、カンザスシティ連銀とボストン連銀の総裁は大反対だったそうです。

そのため、「今後利下げするにしても、簡単にはいかなそうだなぁ」ととられています。

 

トランプ大統領のツイート

トランプ大統領は、先月からずっと、「大幅な利下げ」や「長期的な利下げサイクル」を望む発言をしていましたね。

今回のFOMCの小幅な利下げやパウエルさんの発言は、トランプ大統領にとって気に食わない内容だったため、「パウエルさんには失望したぞ!」などとパウエルさんを批判するような発言をしています。

今回はこの発言によって為替に大きく影響はありませんでしたが、今後のツイートにも警戒したいですね(´Д⊂ヽ

特に、材料があまりないような日にはトランプ大統領の発言に敏感に反応しやすくなってしまいます( ;∀;)

 

米中閣僚級通商協議について

上海で行われていた米中通商協議は、大事なことは次回(9月)に先送りされましたが、お話し合い自体は進んで、「建設的だった」と報道されています。

中国は、「アメリカからの農産品の購入を増やすよ!」ということを表明したそうです。

なお、トランプ大統領はこの米中通商協議についても「中国はアメリカをだまし続けている!」などと批判しています。

 

今日~明日は日米閣僚級通商協議

9月を目標とする合意に向けて、お話し合いが前進することが期待されています。

主に、農産物や自動車の輸入についてお話し合いするそうです。

明日(8/2)に終了した後は、茂木さん(経済再生担当大臣)が記者会見を行う予定になっています。

 

明日はアメリカ雇用統計

今後の金融政策を予想する材料になるため注目されています。

 

 

▼株価・商品など

<前日>

・日経平均 21,521.53(-187.78)

・NYダウ 26,864.27(-333.75)

・原油 58.58(+0.53)

・金 1,437.80(-4.00)

・米長期金利(10年)2.00(-0.05)

 

<現在(16:00頃)>

・日経平均(終値) 21,540.99(+19.46)

・NYダウ 26,802(-62.27)※時間外

・原油 57.83(-0.75)※時間外

・金 1,406.00(-31.80)※時間外

・米長期金利(10年)2.05(+0.05)※時間外

 

 

▼主な通貨ペアの値動き(前日~今日の東京時間まで)

※全てMT5の1時間足より

▼ドル/円 

f:id:akari_tokyofx:20190801160557p:plain

★昨日はFOMCでしたね!

↑FOMC

↑パウエルさんの発言

などを受けて、今後の利下げ観測が弱まったことにより、ドル円は上昇しています。

 

★今日の日中も、

↑FOMCを受けたドル買い

↑アメリカ長期金利上昇

により大きく上昇し、109.30円をつけています。

 

ちなみにこの大きな上昇は、CTAによる買いが大きかったという話も上がっています。

※CTA=簡単に言うと、お客さんから預かった資金で、自動売買などで投資を行う大きな機関。

さらに、109円にはストップロス買いが多く控えていたため、ストップロスを巻き込んで大きく上昇したようですね。( ;∀;)

 

なお、109.5円以降は売りオーダーが多く控えています。

 

▼ユーロ/ドル 

f:id:akari_tokyofx:20190801160912p:plain

★昨日は、

今回の

↓月末ロンドンフィックス

では、対ポンドでのユーロ売り・ポンド買いが強かったと言われています。

また、

↓FOMC

↓パウエルさんの発言

を受けたドル買いにより、下落しています。

 

 

★今日の日中も、

↓FOMCを受けたドル買い

↓アメリカ長期金利上昇

により下落しています。

 

▼ポンド/ドル

f:id:akari_tokyofx:20190801160924p:plain

↑月末ロンドンフィックスに向けてのポンド買い戻し

などにより上昇していたものの、

↓FOMC

↓パウエルさんの発言

を受けたドル買いにより、下落しています。

 

★今日の日中は、

↓FOMCを受けたドル買い

↓アメリカ長期金利上昇

により下落しています。

 

▼豪ドル/ドル 

f:id:akari_tokyofx:20190801160935p:plain

★昨日は、日中は

↑中国の指標(製造業PMI)が予想をやや上回る

↑オーストラリア指標(消費者物価指数)が予想を上回る

などにより、上昇したものの、

↓FOMC

↓パウエルさんの発言

を受けたドル買いにより、下落しています。

 

★今日の日中は、

↓FOMCを受けたドル買い

↓アメリカ長期金利上昇

により下落しましたが、

↑中国の指標(財新製造業PMI)が良かったことなどから、戻しています。

※オーストラリアと中国は貿易がとってもさかん

 

▼翌日(8月2日金曜日)のスケジュール

※注※明日朝の時点で、変更や追加がある可能性もあります。ご了承ください(´Д⊂ヽ

 

  8:50 (日本)日銀議事要旨公表

  9:55 (日本)仲値

10:30 (オーストラリア)生産者物価指数 第2四半期

10:30 (オーストラリア)小売売上高

15:00 (日本)オプションカット

15:30 (スイス)消費者物価指数

17:30 (イギリス)建設業PMI

18:00 (欧州)小売売上高、生産者物価指数

21:30 (アメリカ)雇用統計

21:30 (アメリカ)貿易収支

21:30 (カナダ)貿易収支

23:00 (アメリカ)オプションカット

23:00 (アメリカ)製造業新規受注

23:00 (アメリカ)ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)

  0:00  ロンドンフィックス

 

解説

  8:50 (日本)日銀議事要旨公表

「6月に開催された会議では、こんなことをお話ししたんだよ!」ということが公表されます。

為替に大きな影響があることはあまりないのですが、念のため警戒しておくといいと思います。

 

 

10:30 (オーストラリア)小売売上高

小売売上高は、スーパーや百貨店などの小売業の月間売上高を集計した指標です。

オーストラリアの小売売上高が予想を上回ると、「お!景気良いみたいだね!(*‘∀‘)」とプラスに受け取られ、オーストラリアドルが買われやすくなります。

 

 

21:30 (アメリカ)雇用統計

今日の目玉は、なんといってもアメリカの雇用統計です(*´▽`*)!

雇用統計の発表内容は、いくつも項目があるので、全部詳しく解説するわけにはいきませんが、簡単に言うと、アメリカの雇用情勢を調査したものです。

雇用統計の結果は、アメリカは世界の経済の中心と言っていいほど経済が活発ですし、次回FOMCで金融についてお話しする際にも影響するため、世界中の人にものすごく注目されています。

 

21:30 (アメリカ)貿易収支

21:30 (カナダ)貿易収支

今日はカナダとアメリカの貿易収支も控えています。

こちらも、予想を大きく下回ったり上回ったりすると、それぞれカナダドル、アメリカドルに影響がある可能性がある指標です。

 

 

23:00 (アメリカ)製造業新規受注

アメリカ全体の製造業の受注額を項目ごとに指標にしたものです。

GDPの先行指標としても注目されています。

 

23:00 (アメリカ)ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)

簡単に言うと、消費者に、「最近のアメリカの景気どう思う~?」というアンケートを取って集計したものです。

対象の人数が少ない(速報値は300人、確報値は500人)ので、毎月ブレが大きくなりがちな指標でもあります。

意外とレートが動くこともあるので、念のため気を付けたい時間です。

 

 

▼参考URL

(↓オーダー状況の確認はこちら。)

▼トレーダーズ・ウェブ さま(モーニングオーダー)
※有料会員登録すれば、リアルタイムオーダーも見れます。
https://www.traderswebfx.jp/marketorder/default.aspx

▼オアンダ さま
https://www.oanda.jp/lab-education/oanda_lab/oanda_rab/open_position/

 

(↓こちらのサイトから情報収集させていただいています。)

▼ロイター通信 さま
https://jp.reuters.com/

▼日本経済新聞(電子版) さま
https://www.nikkei.com/

▼東洋経済オンライン さま
https://toyokeizai.net/

▼NHKオンライン さま
https://www.nhk.or.jp/

▼トレーダーズ・ウェブFX さま
https://www.traderswebfx.jp/

▼みんかぶFX さま
https://fx.minkabu.jp/

▼羊飼いのFXブログ さま
https://kissfx.com/

▼ヒロセ通商 さま
https://hirose-fx.co.jp/

▼Tradingview さま
https://jp.tradingview.com/

▼世界の株価 さま
http://sekai-kabuka.com/

 

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜

 

※このブログは、私のポジションを公開したり、手法を伝授したりするものではなく、知っておきたいFXの知識をご紹介しているものです。(*´ω`)
トレードは、あくまで自己責任で行ってください(*^_^*) 

 

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜