引きこもりトレーダーのゆったりFX

FX歴7年目。ただの引きこもりの日記です。とにかく家から出ません。

【2019.8.5(月)】今日のFXニュース~経済指標や材料など~【FX初心者さん向けに解説】

f:id:akari_tokyofx:20190805152803p:plain

こんにちは!ぽりんです。

今日は2019年8月5日(月曜日)!

今日の夜にトレードする方向けに、経済指標やニュースを解説しています。

(※平日毎日18時ごろ更新中)

 

 

 

 

 

▼動画版

youtu.be

 

 

▼今日のスケジュール

  9:55 (日本)仲値 ※ゴトー日

15:00 (日本)オプションカット

15:30 (スイス)小売売上高

16:00 (トルコ)消費者物価指数、生産者物価指数

16:50 (フランス)サービス業PMI

16:55 (ドイツ)サービス業PMI

17:00 (欧州)サービス業PMI

17:30 (イギリス)サービス業PMI

23:00 (アメリカ)オプションカット

23:00 (アメリカ)ISM非製造業景気指数★★★

  0:00  ロンドンフィックス

  2:30 (アメリカ)ブレイナードFRB理事の発言★★

 

解説

17:30 (イギリス)サービス業PMI

今日は、各国のサービス業PMIが多く控えています。

サービス業PMI=簡単に言うと、サービス業の購買担当の方に、アンケートをとって指数にしたものです。(受注のことや生産のことなど)

フランス、ドイツ、欧州のサービス業PMIではユーロが動くこともあります。

(特に、相次いで予想を上回るor下回るなど)

 

また、イギリスのサービス業PMIではポンドが動きそうですので注意してください。

 

 

23:00 (アメリカ)ISM非製造業景気指数★★★ 

アメリカの「供給管理協会」というところが発表する指標です。

この前は、「ISM製造業景気指数」の発表がありましたね。今回は、非製造業が対象です。

企業の購買担当の方にアンケートを取って指数にしたものです。

 

  2:30 (アメリカ)ブレイナードFRB理事の発言★★

FOMCや雇用統計を終えて、市場の興味は「次回のFOMCでの利下げはどうなるのかな?」ということに移っています。

また、中国への追加関税の発表で、「実際に追加関税が行われたら、経済への影響を和らげるために利下げするんじゃないか!」と利下げ観測が高まっている状況です。

そのため、重要人物の発言がきっかけで利下げ観測が高まったり弱まったりする=ドルが買われるor売られる原因になることがありますので、念のため警戒しておきましょう。(*´ω`*)

 

※今日はオーストラリアとカナダは休場です。

 

▼ニュースや発言

アメリカ、中国への追加関税を発表(先週のおさらい)

アメリカ雇用統計結果(先週のおさらい)

アメリカEU貿易について発表(先週のおさらい)

財務省・日銀・金融庁が会合

中国が国営企業に対して「アメリカ農産物輸入の停止を要請」

 

概要 

アメリカ、中国への追加関税を発表(先週のおさらい)

 トランプ大統領は、9月から中国に追加関税を課すことを発表しています。
「3000億ドル相当の中国製品に対して10%の追加関税」と、規模の大きいものになっています。
(対象になるリストの最終決定は、数日中に発表されるそうです。)
また、発表どおり追加関税を発動した場合は、経済への影響を和らげるために、「次回のFOMCで追加利下げする可能性が高い」とも言われています。

これが、先週ドル円を大きく下落させた理由にもなっています。


なお、「トランプ大統領は、追加関税を延期や中止する可能性もある」という報道もあり、ドルが買い戻される場面もあったようです。

 

アメリカ雇用統計結果(先週のおさらい)

非農業部門雇用者数と失業率→予想通り

平均時給→予想をやや上回る

という結果でした。

今回は、大きなトレンドが発生するほどの大きな値動きにはなりませんでした。

 

アメリカEU貿易について発表(先週のおさらい)

先週の金曜日は、トランプ大統領がEUとの貿易について「EUがアメリカ産牛肉に対して、無関税の輸入枠を設けることで合意」という発表がありました。

これはアメリカとEUの貿易関係についてプラスに取られても良いことなのですが、その他の貿易について(車など)の問題がまだまだ山積みなので、為替には大きく影響しなかったようです。

なお、この発表前は、警戒感からユーロが売られる場面もありました。

 

財務省・日銀・金融庁が会合

今日の13時45分からは、財務省・日銀・金融庁が会合を行いました。

期待で少しドル円が上昇した場面もあったのですが、大きな戻りにはなりませんでした。

また、武内財務官が「為替市場ちゃんと緊張感持って見てるよ!」「過度な変動は望ましくない。為替介入などについてはコメントしない」などと発言しましたが、こちらも大きな反応はありませんでした。

 

中国が国営企業に対して「アメリカ農産物輸入の停止を要請」

上記のような報道もありました。

こちらも、ドル売り・円買いや人民元急落の要因の一つになったようです。

 

 

▼株価・商品など

<前日>

・日経平均 21,087.16(-453.83)

・NYダウ 26485.01(-98.41)

・原油 55.66(+1.71)

・金 1,457.50(+25.10)

・米長期金利(10年)1.84(-0.06)

 

<現在(16:00頃)>

・日経平均(終値) 20,720.29(-366.87)

・NYダウ 26,193(-292.01)※時間外

・原油 54.97(-0.69)※時間外

・金 1,457.60(+0.10)※時間外

・米長期金利(10年)1.75(-0.09)※時間外

 

 

▼主な通貨ペアの値動き(前日~今日の東京時間まで)

※全てMT5の1時間足より

▼ドル/円 

f:id:akari_tokyofx:20190805160357p:plain

★先週は、

↓中国への追加関税を発表

↓アメリカ長期金利下落(2%を割る)

などにより、大きく下落しています。

また、日経平均やダウが大きく下落したことも、下落の要因になったようです。

 

★今日の日中も、105円台まで大きく下落しています。

↓先週からのドル売り・円買いの流れ(米中貿易問題)

↓日経平均、ダウ大幅下落

↓アメリカ長期金利低下

などが理由として挙げられます。

↓人民元が急落したため、リスク回避で円が多く買われているというお話しも上がっています。

下落に対しての戻りが鈍いので、売り圧力がかなり強そうですね。

105.70円を割るとストップロスが多く控えているようなので、今後、ストップ狩りのような動きがある可能性もありますので注意です。

 

▼ユーロ/ドル 

f:id:akari_tokyofx:20190805160411p:plain

★先週の金曜日は、

↓トランプ大統領がEUとの貿易に関する発表をする

という報道で下落した場面もあったものの、

↑中国への追加関税を発表(アメリカ利下げ観測高まる)

↑アメリカ長期金利下落

のドル売りなどによって、陽線で終わっています。

 

★今日の日中は、

↑先週から引き続いたドル売り

によりやや上昇しています。

しかし、↓次回ECB利下げ観測↓アメリカEU貿易問題などの心配が広がっており、ユーロは買われにくい状況にはなっています。 

 

▼ポンド/ドル

f:id:akari_tokyofx:20190805160427p:plain

★合意無いEU離脱の心配が広がっていることにより、ポンドは売りの見方の方が多いのですが、先週の金曜日は、やや上昇して陽線で終わっています。 

↑中国への追加関税を発表(アメリカ利下げ観測高まる)

↑アメリカ長期金利下落

のドル売りなどが考えられます。

 

★今日の日中は、

↑先週から引き続いたドル売り

によりやや上昇した場面もありましたが、その後は下落しています。

↓合意無いEU離脱の心配が高まっているため、ポンドも買われにくい状況になっています。

 

▼豪ドル/ドル 

f:id:akari_tokyofx:20190805160439p:plain

★先週は、

 ↓中国への追加関税を発表

により、中国とオーストラリアは貿易関係が活発なため、大きく下落してしまいました。

 

★今日の日中は、オーストラリアは休場でした。

東京時間では、↓アメリカと中国の貿易戦争の警戒感から、引き続き下落しています。

 

明日は、RBA(オーストラリア中央銀行)の政策金利発表が控えています。

政策金利は据え置かれることが予想されていますが、今後の利下げを示唆するようなお話しがあった場合は、利下げ観測が強まり、豪ドルが売られる要因になってしまいます。 

また、中国とオーストラリアは貿易関係が活発なので、アメリカと中国の貿易関係が悪化すると豪ドルにも影響する可能性がありますのでニュースにも注目です!

 

▼翌日(8月6日火曜日)のスケジュール

※注※明日朝の時点で、変更や追加がある可能性もあります。ご了承ください(´Д⊂ヽ

 

  7:45 (ニュージーランド)雇用統計 第2四半期

  9:55 (日本)仲値

10:30 (オーストラリア)貿易収支

13:30 (オーストラリア)RBA政策金利

15:00 (日本)オプションカット

15:00 (ドイツ)製造業新規受注

23:00 (アメリカ)オプションカット

23:00 (アメリカ)JOLT労働調査

  0:00  ロンドンフィックス

  1:00 (アメリカ)セントルイス連銀総裁の発言

  2:00 (アメリカ)3年債入札★★

 

解説

10:30 (オーストラリア)貿易収支

簡単に言うと、貿易収支=輸出と輸入について発表されます。

貿易収支が良いと、「お!経済状況良くなってるじゃん!」と判断され、豪ドルは買われやすくなります。

 

13:30 (オーストラリア)RBA政策金利

RBAの早期利下げ観測が高まっている中での政策金利発表です。

今回は据え置かれるという見方が多いようですが、もし今回利下げされると、豪ドル売りの要因になってしまいます。

 

 

  1:00 (アメリカ)セントルイス連銀総裁の発言

FOMCを終えて、市場の興味は「次回のFOMCでの利下げはどうなるのかな?」ということに移っています。

連銀総裁の発言で、次回の利下げ観測が強まったり弱まったりすることもありますので、警戒しておきましょう(*´ω`*)

 

  2:00 (アメリカ)3年債入札★★

国債の入札も、為替に影響する可能性があります。

↓こちらで少し解説しています。

www.porinfx.work

 

 

▼参考URL

(↓オーダー状況の確認はこちら。)

▼トレーダーズ・ウェブ さま(モーニングオーダー)
※有料会員登録すれば、リアルタイムオーダーも見れます。
https://www.traderswebfx.jp/marketorder/default.aspx

▼オアンダ さま
https://www.oanda.jp/lab-education/oanda_lab/oanda_rab/open_position/

 

(↓こちらのサイトから情報収集させていただいています。)

▼ロイター通信 さま
https://jp.reuters.com/

▼日本経済新聞(電子版) さま
https://www.nikkei.com/

▼東洋経済オンライン さま
https://toyokeizai.net/

▼NHKオンライン さま
https://www.nhk.or.jp/

▼トレーダーズ・ウェブFX さま
https://www.traderswebfx.jp/

▼みんかぶFX さま
https://fx.minkabu.jp/

▼羊飼いのFXブログ さま
https://kissfx.com/

▼ヒロセ通商 さま
https://hirose-fx.co.jp/

▼Tradingview さま
https://jp.tradingview.com/

▼世界の株価 さま
http://sekai-kabuka.com/

 

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜

 

※このブログは、私のポジションを公開したり、手法を伝授したりするものではなく、知っておきたいFXの知識をご紹介しているものです。(*´ω`)
トレードは、あくまで自己責任で行ってください(*^_^*) 

 

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜

★お知らせ

「眠くなる声」とものすごく言われるので、睡眠導入のための朗読チャンネルを開設してみました!(*´ω`*)

気が向いた時だけ投稿します。

 

www.youtube.com

 

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜