引きこもりトレーダーのゆったりFX

FX歴7年目。ただの引きこもりの日記です。とにかく家から出ません。

【2019.9.2(月)】今日のFXニュース~経済指標や値動きなど~【FX初心者さん向けに解説】

f:id:akari_tokyofx:20190902045756p:plain

こんにちは!ぽりんです。
今日は2019年9月2日(月曜日)!
今日FXトレードする方向けに、経済指標やニュースを解説しています。

▼動画版 

 おまけの小話「国旗フェティシズム」

youtu.be

 

▼今日のスケジュール

※今日は、アメリカとカナダが休場です。

 

  9:55 (日本)仲値
10:15頃(中国)基準値発表
10:45 (中国)財新製造業PMI★★
15:00 (日本)オプションカット
15:30 (スイス)小売売上高
16:30 (スイス)製造業PMI
16:50 (フランス)製造業PMI(確報値)
16:55 (ドイツ)製造業PMI(確報値)
17:00 (ユーロ)製造業PMI(確報値)
17:30 (イギリス)製造業PMI
  0:00  ロンドンフィックス

 

解説 

10:45 (中国)財新製造業PMI
財新=中国のメディアです。
製造業PMI=製造業の購買担当の方に、受注や生産、雇用のことなどいろんな項目のアンケートをとって指数にしたものです。
米中貿易問題による影響が心配されている中ですので、注目されています。
人民元の他にも、ドル円や、オーストラリアドルにも影響する可能性があります。

 

16:50 (フランス)製造業PMI(確報値)
16:55 (ドイツ)製造業PMI(確報値)
17:00 (ユーロ)製造業PMI(確報値)
今日は、ユーロ圏の製造業PMIも控えています。
速報値の方が注目度は高いですが、確報値も、予想と大きく差があるとレートが動く可能性もありますので、注意しておくことをおすすめします。

 

17:30 (イギリス)製造業PMI
今日は、イギリスの製造業PMIも控えています。
合意無きEU離脱への不安が高まっている状況ですので、とても注目されています。
ポンドで取引を行っている方は、警戒しておきましょう。

 

▼ニュースや発言

▼米中貿易問題について

先週は、中国、アメリカ共に協議に前向きな姿勢を示したことから、協議への期待感が高まりドル円が上昇した場面もありましたね。

9月1日(日)に予定されていた、中国への第4弾追加関税は予定通り実行、中国側も報復関税を実行しており、今後の経済への影響が心配されています。
トランプ大統領は「たくさんの企業が中国から逃げている。さらに多くの企業が撤退するだろう」という発言もしています。

 

▼FRB利下げについて

9月に入り、市場では「9月18日に発表されるFOMCでの利下げはどうなるのか?」ということにさらに意識が集まります。
今後は、今週末の雇用統計などの指標や、FRBメンバーやトランプ大統領の利下げ関連の発言に注意です。

 

▼トランプ大統領の発言

先週の金曜日は、ユーロドルが大きく下落しましたね。
そのことについてトランプ大統領が、

「ユーロがドルに対して狂ったように下落しているが、FRBは何も対応していない!」と、FRBを批判するツイートをしています。
しかし、このツイートは大きな影響にはならなかったようです。

 

▼合意無きEU離脱について

先週は、ジョンソン首相が10月中旬までイギリス議会を閉会することを発表したことで、合意無きEU離脱が現実味を帯び、不安が広がっていましたね。

金曜日は、イギリスの元首相であるメージャーさんが、閉会を阻止するための訴訟に参加することを発表しました。
これによって、合意無きEU離脱回避への期待感から、ポンドがやや買われた場面もありました。
ただ、合意無きEU離脱への不安は依然高まっています。

 

▼前日の株価や商品

・日経平均 20,704.37(+243.44)

・NYダウ 26,403.28(+41.03)

・原油 55.10(-1.61)

・金 1,529.40(-7.50)

・米長期金利(10年)1.49(0.00)

 

▼前日の値動き(6:00~6:00)

※全てMT5の1時間足より

▼ドル/円 

f:id:akari_tokyofx:20190902060552p:plain

★先週金曜日は、もみ合いながらもやや下落しています。
序盤は、
↓月末関連の実需的な売り
↑米中協議への期待(中国外務省の前向きな発言)
↑↓アメリカ長期金利
などによりもみ合いました。

また、夜は、
↓ダウ下落
↓アメリカ長期金利低下(再び2年債を下回った場面も)
↓アメリカ指標(ミシガン大学消費者信頼感指数などが予想を下回った)
などで下落しましたが、
↑ユーロに対してのドル買い
が強かったことで、戻りを見せた場面がありました。

朝は、下に窓を開けて106.02円でスタートしています。
今日はアメリカが休場で取引参加者が激減しますので、流動性が低くなってしまいます。
突然値動きが荒くなる可能性もありますので、注意してトレードを行って下さい。

 

▼ユーロ/ドル 

f:id:akari_tokyofx:20190902060722p:plain

★先週金曜日は、大きく下落して、2017年5月以来の安値をつけています。
↓月末ロンドンフィックス
に関連したユーロ売りが大きかったことが観測されたと言われています。
また、ドイツの小売売上高が悪かったことなど、ドイツをはじめとしてユーロ圏の景気後退への心配が広がっており、
↓ECB利下げ観測も高まっています。 

 

▼ポンド/ドル

f:id:akari_tokyofx:20190902060731p:plain

★先週金曜日は、もみ合いながらも、日足は陰線で終わりました。
↑合意無きEU離脱回避への期待(議会閉会訴訟への動き)
などにより上昇した場面もあったのですが、その後は戻っています。
↓合意無きEU離脱への不安
は根強く、ポンドは買われにくい状況にはなっています。

今日は、離脱関連のニュースや、17:30イギリスの製造業PMIが材料になりそうです。

 

▼豪ドル/ドル 

f:id:akari_tokyofx:20190902060741p:plain

★先週金曜日は、日中は
↓オーストラリア指標(住宅建設許可が予想を下回る)
により下落した場面もありましたが、その後は買戻しが強まって上昇しています。

今後は、明日予定されているRBA政策金利発表や、米中貿易問題関連のニュースに注目です。

 

▼参考URL

(↓オーダー状況の確認はこちら。)

▼トレーダーズ・ウェブ さま
https://www.traderswebfx.jp/marketorder/default.aspx

▼オアンダ さま
https://www.oanda.jp/lab-education/oanda_lab/oanda_rab/open_position/

 

(↓こちらのサイトから情報収集させていただいています。)

▼ロイター通信 さま(ニュース)
https://jp.reuters.com/

▼日本経済新聞(電子版) さま(ニュース)
https://www.nikkei.com/

▼東洋経済オンライン さま(ニュース)
https://toyokeizai.net/

▼トレーダーズ・ウェブFX さま(ニュース)
https://www.traderswebfx.jp/

▼フィスコ さま(ニュース)

https://web.fisco.jp/

▼みんかぶFX さま(経済指標)
https://fx.minkabu.jp/

▼羊飼いのFXブログ さま(経済指標)
https://kissfx.com/

▼ヒロセ通商 さま(経済指標)
https://hirose-fx.co.jp/

▼Tradingview さま(チャート)
https://jp.tradingview.com/

▼世界の株価 さま(チャート)
http://sekai-kabuka.com/

 

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜

 

※このブログは、経済指標やニュースの情報をまとめ、あくまで「事実や傾向」としてお知らせするものであり、トレードでの利益や値動きを保証するものではありません。

トレードは、自己責任で行ってください(*^_^*)