引きこもりトレーダーのゆったりFX

FX歴7年目。ただの引きこもりの日記です。とにかく家から出ません。

【2019.9.12(木)】今日のFXニュース~経済指標や値動きなど~【FX初心者さん向けに解説】

f:id:akari_tokyofx:20190912025833p:plain

こんにちは!ぽりんです。
今日は2019年9月12日(木曜日)!
今日FXトレードする方向けに、経済指標やニュースを解説しています。

※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

▼動画版 

おまけの小話「覚醒、人工知能」
女子高生AIフェチの扉を開けてしまった。(ノ∀`)

youtu.be

▼今日のスケジュール

  8:01 (イギリス)RICS住宅価格指数
  8:50 (日本)国内企業物価
  8:50 (日本)機械受注
  9:55 (日本)仲値 
10:15頃(中国)基準値発表
15:00 (日本)オプションカット
15:00 (ドイツ)消費者物価指数(確報)
15:30 (スイス)生産者輸入価格
15:45 (フランス)消費者物価指数(確報)
18:00 (ユーロ)鉱工業生産指数
20:00 (トルコ)TCMB政策金利発表★★★
20:45 (ユーロ)ECB政策金利発表★★★
21:30 (ユーロ)ドラギECB総裁の発言★★★
21:30 (アメリカ)消費者物価指数★★
21:30 (アメリカ)新規失業保険申請件数★★

21:30 (カナダ)新築住宅価格指数
23:00 (アメリカ)オプションカット
23:30 (アメリカ)週間天然ガス貯蔵量
  0:00  ロンドンフィックス
  2:00 (アメリカ)30年債入札

 

解説 

15:00 (ドイツ)消費者物価指数(確報)

15:45 (フランス)消費者物価指数(確報)

今日は、ドイツとフランスの消費者物価指数が控えています。
消費者が購入した商品やサービスの物価の動きを指数にしたものです。
ECB政策金利発表前でもありますので、ユーロで取引を行う方は、注意しておくことをおすすめします。
20:00 (トルコ)TCMB政策金利発表★★★

今回も、トルコ中央銀行は政策金利を引き下げることが予想されています。利下げ幅によってはトルコリラが大きく動く可能性があります。
20:45 (ユーロ)ECB政策金利発表★★★

今回は、
・中銀の預金金利の引き下げ
・政策金利の据え置き

・フォワードガイダンスの強化
などが予想されているようです。
どちらにせよ、ユーロが大きく動く可能性がありますので、ユーロで取引を行う方は注意してください。
21:30 (ユーロ)ドラギECB総裁の発言★★★

こちらも、ユーロが大きく動く可能性がありますので、警戒しておくことをおすすめします。
21:30 (アメリカ)消費者物価指数★★

今日は、アメリカの消費者物価指数も控えています。
アメリカのインフレ率を判断するための大事な指標ですので、注意しておくことをおすすめします。
21:30 (アメリカ)新規失業保険申請件数★★

毎週木曜日に発表されるものです。
件数が多い=失業者が増えているということなので、予想以上に件数が多いとマイナスに受け取られて、ドルは売られやすくなります。
21:30 (カナダ)新築住宅価格指数

そのまま、新築住宅の価格を指数化したものです。
これが上昇していると、景気が良くなっているとプラスに受け取られて、カナダドルは買われやすくなります。

  2:00 (アメリカ)30年債入札

こういった国債の入札は、国債の利回りに影響し、国債の利回りはドルに影響する可能性もあります。

▼ニュースや発言

【米中貿易問題について】

昨日は、中国政府が
「アメリカに対しての追加関税で、16品目を免除する」
「貿易戦争の悪影響緩和に向けて重要な措置を導入する見通し」

などと発表しています。
これによって、ドル円が上昇する場面がありました。
また、先日は、タカ派で知られるアメリカのボルトン大統領補佐官が解任されたことにより、「過度な対立は避けられるのではないか」という見方も広がっているようです。
今後も、重要人物の発言には要注意です。

【FRB政策金利について】

昨日は、トランプ大統領が、「FRBは、政策金利をゼロやマイナスに引き下げるべき」という内容の発言をしています。
これによって、ドル売りが強まった場面もありました。

【アメリカ・イラン問題について】

昨日は、トランプ大統領が、
「イランに対しての制裁緩和を検討している」
「イラン政府は核問題巡り、アメリカと合意することを望んでいる」
などと発言しています。
しかし、会談の計画などはまだ立てられておらず、為替には大きく影響しませんでした。
今後の報道にも注目です。

【合意無きEU離脱問題について】

昨日は、ドイツのメルケル首相が、
「イギリスがEUと合意した上で円滑に離脱する可能性はなお残っている」
「ドイツは、合意の無い離脱となった場合にも備えを進めている」
などと発言しています。
今回は、この発言が為替に大きく影響することはなかったようですが、今後も、こういったEU離脱関連の発言には注意してください。

▼前日の値動き(6:00~6:00)

※全てMT5の1時間足より

▼ドル/円 

f:id:akari_tokyofx:20190912060935p:plain

★連日上昇しているドル円ですが、昨日も
↑日経平均上昇
↑中国「対アメリカ追加関税で16品目を免除」など
↑アメリカ指標(生産者物価指数が予想を上回る)
などで上昇しています。
↓トランプ大統領「金利をゼロやマイナスに引き下げるべき」
などでドル売りが強まる場面もありましたが、大きく下落することはありませんでした。

また、
↑↓アメリカ長期金利
↑↓ダウ
などを意識して動く場面もありました。 

今日のポイント

今日ドル円で取引を行う方は、
・アメリカの各指標や国債入札
・株価(日経平均やダウなど)、米長期金利などの動き
・人民元基準値発表など、中国の動向

・米中貿易問題
・FRBや日銀金融政策関連 のニュースや発言
などに注目です。
また、今後は、
・17日~18日にFOMC
・18日~19日に日銀の金融政策会合が予定されています。
 

▼ユーロ/ドル 

f:id:akari_tokyofx:20190912060954p:plain

★昨日は、夕方から
↓ECB理事会を控えたユーロ売り(ポジション調整も観測された)
などにより下落しています。

また、
↓中国「対アメリカ追加関税で16品目を免除」など
↓アメリカ指標(生産者物価指数が予想を上回る)
↓アメリカ長期金利上昇

などで、ドルも買われました。
今夜のECBの発表には要注意です!

今日のポイント

 今日ユーロドルで取引を行う方は、
・ECB政策金利発表
・ドラギECB総裁の発言
・アメリカやユーロ圏の各指標や国債入札
・株価、米長期金利、独長期金利などの動き
・米中貿易問題
・FRBやECB金融政策関連
・イタリア政府関連
・ドイツ政府関連 のニュースや発言
などに注目です! 

▼ポンド/ドル

f:id:akari_tokyofx:20190912061006p:plain

★昨日は、もみ合いながらもやや下落しています。
↓中国「対アメリカ追加関税で16品目を免除」など
↓アメリカ指標(生産者物価指数が予想を上回る)
↓アメリカ長期金利上昇

などで、対ポンドでのドル買いが強まったようです。
合意無きEU離脱の可能性は低くなり、不安はやや後退しましたが、依然ジョンソン首相は10月31日でのEU離脱を目指していることで、合意無きEU離脱への不安はまだ根強いとも言われています。

 

今日のポイント

今日ポンドドルで取引を行う方は、
・アメリカの各指標や国債入札
・株価、米長期金利、英長期金利などの動き
・合意無きEU離脱問題
・米中貿易問題

・FRBやBOE金融政策関連 のニュースや発言
などに注目です!  

▼豪ドル/ドル 

f:id:akari_tokyofx:20190912061017p:plain

★昨日は、序盤は
↓オーストラリア指標(ウエストパック消費者信頼感指数が悪化)
などで下落しましたが、
↑中国「対アメリカ追加関税で16品目を免除」など
で、(オーストラリアと中国は貿易関係がとても深いため意識され)上昇しました。

またその後は、夕方から下落し、結局始値とはあまり差をつけませんでした。
↓アメリカ指標(生産者物価指数が予想を上回る)
↓アメリカ長期金利上昇

などで、ドル買いが強まったことが考えられます。

今日のポイント

今日豪ドルで取引を行う方は、
・アメリカの各指標や国債入札
・株価、米長期金利などの動き
・人民元基準値発表や中国株など、中国の動向

・米中貿易問題
・FRBやRBAの金融政策関連 のニュースや発言
などに注目です! 

▼参考URL

(↓オーダー状況の確認はこちら。)

▼トレーダーズ・ウェブ さま(モーニングオーダー)
https://www.traderswebfx.jp/marketorder/default.aspx

▼オアンダ さま
https://www.oanda.jp/lab-education/oanda_lab/oanda_rab/open_position/

 

(↓主要10年債利回りチャート)

▼Tradingview さま
https://jp.tradingview.com/markets/bonds/prices-major/

 

(↓こちらのサイトから情報収集させていただいています。)

▼ロイター通信 さま
https://jp.reuters.com/

▼日本経済新聞(電子版) さま
https://www.nikkei.com/

▼東洋経済オンライン さま
https://toyokeizai.net/

▼トレーダーズ・ウェブFX さま
https://www.traderswebfx.jp/

▼みんかぶFX さま
https://fx.minkabu.jp/

▼羊飼いのFXブログ さま
https://kissfx.com/

▼ヒロセ通商 さま
https://hirose-fx.co.jp/

▼世界の株価 さま
http://sekai-kabuka.com/

 

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜

 

※このブログは、経済指標やニュースの情報をまとめ、あくまで「事実や傾向」としてお知らせするものであり、トレードでの利益や値動きを保証するものではありません。

トレードは、自己責任で行ってください(*^_^*)