引きこもりトレーダーのゆったりFX

FX歴7年目。ただの引きこもりの日記です。とにかく家から出ません。

【2019.9.13(金)】今日のFXニュース~経済指標や値動きなど~【FX初心者さん向けに解説】

f:id:akari_tokyofx:20190910225908p:plain

こんにちは!ぽりんです。
今日は2019年9月13日(金曜日)!
今日FXトレードする方向けに、経済指標やニュースを解説しています。

▼動画版 

おまけの小話「断捨離による危険思想」

www.youtube.com

▼今日のスケジュール

※今日は中国が休場です。
※日本は連休前です。

  7:30 (ニュージーランド)製造業PMI
  9:55 (日本)仲値
13:30 (日本)鉱工業生産(確報値)
15:00 (日本)オプションカット
16:00 (トルコ)経常収支、鉱工業生産
18:00 (ユーロ)貿易収支
21:30 (アメリカ)小売売上高★★★
21:30 (アメリカ)輸入物価指数
23:00 (アメリカ)オプションカット
23:00 (アメリカ)ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)
23:00 (アメリカ)企業在庫
  0:00  ロンドンフィックス

 

解説 

21:30 (アメリカ)小売売上高★★★

小売売上高=小売業(スーパーや百貨店など)の売上高を集計したものです。
アメリカは、他の国よりも個人の消費の割合が大きい国ですので、とっても注目されています。
小売売上高が上がっているとプラスに受け取られて、ドルは買われやすくなります。

23:00 (アメリカ)ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)

消費者に、景気についてのいろいろな項目のアンケートを取って指数にしたものです。
この指数が高いと、「みんな、モノを買う意欲がある!景気が良くなってるみたいだなぁ」とプラスに受け取られて、ドルは買われやすくなります。
対象の人数が少ない(速報値は300人、確報値は500人)ので、毎月ブレが大きくなりがちな指標でもあります。
意外とレートが動くこともあるので、念のため気を付けたい時間です。

▼ニュースや発言

【ECB発表について】 

昨日は、ECBの理事会が行われましたね。
ECBは、
・中央銀行の預金金利の引き下げ
・フォワードガイダンスの変更
・量的緩和の再開
を発表しています。ほとんどが市場の予想通りの発表だったようです。
発表後は、ユーロ売りが強まった場面がありました。

また、ドラギECB総裁は「著しい下振れリスクの持続を見込んでいる」と発言しています。

なお、その後は、「フランス、ドイツ、オランダ、オーストリア、エストニアの中銀総裁は、ECBの量的緩和再開には反対を示した」という事が明らかになり、ユーロの買戻しが強まった場面もあったようです。

【FRB利下げについて】

昨日、トランプ大統領は、ECBの発表を受けて、「ECBの金融緩和措置はユーロの価値を弱め、アメリカの輸出に打撃を与える」と、FRBに利下げ圧力を再びかけるような発言をしています。
今回は、この発言が大きく影響することはなかったようですが、来週はFOMCが控えていますので、こういった利下げに関する発言にも注目です。

【トルコ中央銀行発表について】 

昨日は、トルコ中央銀行の政策金利発表もありました。
トルコ中央銀行は、「政策金利を19.75%から16.50%に引き下げる」ということを発表しています。

前回7月に引き続き、大幅な利下げになりました。
ただ、さらに大きな利下げも予想されていたようで、発表を受けたトルコリラは上昇しています。

【米中貿易問題について】

昨日は、米中貿易問題関連の報道が盛りだくさんでした!

昨日はまず、トランプ大統領が「中国に対する、輸入品2500億ドル分の関税率引き上げを、10月1日から15日に先送りする」とツイートしています。 
10月1日は、中国の国慶節(こっけいせつ)といって、中国の建国記念日でとっても大事な日です。トランプ大統領は、その大事な日を避けるという配慮の意味で先送りしたようです。
これによって、ドル円が上昇した場面がありました。

また、「中国は、アメリカの農産物の輸入再開を企業に容認する可能性」と一部メディアで報道され、こちらも上昇の理由の一つになっています。
しかし、これは観測記事だったため、この記事での上昇は長くは続かなかったようです。

またその後は、「トランプ政権は、中国との貿易交渉で暫定的な合意を検討している」という報道もありました。
(「中国がアメリカの農産物購入などを受け入れることを条件に、関税の延期や税率引き下げを検討する」というお話しが上がりました。)
これによって、米中貿易問題進展の期待感が高まり、ドル円が大きく上昇した場面がありました。

しかしその後は、「アメリカ政府高官が中国との暫定合意検討を否定」と報じられ、反発しています。

▼前日の値動き(6:00~6:00)

※全てMT5の1時間足より

▼ドル/円 

f:id:akari_tokyofx:20190913060724p:plain

★昨日もドル円は上昇しています。
1ヵ月半ぶりに、108円台を付けました。
序盤は
↑トランプ大統領「対中関税引き上げを10月1日から15日に延期する」
↑「中国、アメリカ農産物の輸入再開を企業に容認する可能性」

という報道や
↑日経平均上昇
↑アメリカ長期金利上昇
↑ダウ先物上昇
などによって上昇した場面がありましたが、午後からは下落しています。
↓アメリカ長期金利低下
などが挙げられます。

また、その後は
↑↓ユーロの荒い値動き
↑↓アメリカ、中国暫定合意検討→否定
などによって、上下に振れる場面もありました。

さらにその後は、
↑アメリカ長期金利上昇
↑ダウ上昇
などにより、再び上昇しています。
※30年債入札が低調で、長期金利が上昇する場面もありました。

今日のポイント

 今日ドル円で取引を行う方は、
・アメリカの各指標
・株価(日経平均やダウなど)、米長期金利などの動き
・人民元基準値発表など、中国の動向

・米中貿易問題
・FOMC金融政策関連 のニュースや発言
などに注目です。
また、今後は、
・17日~18日にFOMC
・18日~19日に日銀の金融政策会合が予定されています。
 

 

▼ユーロ/ドル 

f:id:akari_tokyofx:20190913061010p:plain

★昨日は、序盤はECB理事会を控えて小さな動きでした。
その後は、
↓ECB政策金利発表
により大きく下落したもののすぐに反発し、荒っぽい値動きになりました。
↑ECBの発表を終えたこと(発表前は買われにくい状況だった)
↑「フランスなどの中銀総裁が量的緩和に反対」という報道

などでユーロの買い戻しが強まったと言われています。

今日のポイント

  今日ユーロドルで取引を行う方は、
・アメリカやユーロ圏の各指標
・株価、米長期金利、独長期金利などの動き
・米中貿易問題
・FOMCの金融政策関連
・イタリア政府関連
・ドイツ政府関連 のニュースや発言
などに注目です! 

▼ポンド/ドル

f:id:akari_tokyofx:20190913061022p:plain

★昨日のポンドドルは、イギリス関連の目立った材料がない中、ユーロやドルにつれて動く形になりました。
日足は、上下にヒゲをつけながらも、始値とあまり差をつけませんでした。

今日のポイント

 今日ポンドドルで取引を行う方は、
・アメリカの各指標
・株価、米長期金利、英長期金利などの動き
・合意無きEU離脱問題
・米中貿易問題

・FOMC金融政策関連 のニュースや発言
などに注目です!  

▼豪ドル/ドル 

f:id:akari_tokyofx:20190913061032p:plain

★昨日は、上下に動きながらも、始値とはあまり差をつけませんでした。
日中は
↑トランプ大統領「対中関税引き上げを10月1日から15日に延期する」
↑「中国、アメリカ農産物の輸入再開を企業に容認する可能性」

などにより上昇していましたが、その後は下落しています。
利食い売りが多く観測されたとも言われています。

また、その後の
↑↓アメリカ、中国暫定合意検討→否定
などによって、上下に振れる場面もありました。

今日のポイント

 今日豪ドルで取引を行う方は、
・アメリカの各指標
・株価、米長期金利などの動き
・人民元基準値発表や中国株など、中国の動向

・米中貿易問題
・FOMCやRBAの金融政策関連 のニュースや発言
などに注目です! 

▼参考URL

(↓オーダー状況の確認はこちら。)

▼トレーダーズ・ウェブ さま(モーニングオーダー)
https://www.traderswebfx.jp/marketorder/default.aspx

▼オアンダ さま
https://www.oanda.jp/lab-education/oanda_lab/oanda_rab/open_position/

 

(↓主要10年債利回りチャート)

▼Tradingview さま
https://jp.tradingview.com/markets/bonds/prices-major/

 

(↓こちらのサイトから情報収集させていただいています。)

▼ロイター通信 さま
https://jp.reuters.com/

▼日本経済新聞(電子版) さま
https://www.nikkei.com/

▼東洋経済オンライン さま
https://toyokeizai.net/

▼トレーダーズ・ウェブFX さま
https://www.traderswebfx.jp/

▼みんかぶFX さま
https://fx.minkabu.jp/

▼羊飼いのFXブログ さま
https://kissfx.com/

▼ヒロセ通商 さま
https://hirose-fx.co.jp/

▼世界の株価 さま
http://sekai-kabuka.com/

 

☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜☆.。.:*・゜

 

※このブログは、経済指標やニュースの情報をまとめ、あくまで「事実や傾向」としてお知らせするものであり、トレードでの利益や値動きを保証するものではありません。

トレードは、自己責任で行ってください(*^_^*)